例えば、加工不良が起きた際に、予備の材料が無い場合、機械の段取りが変えられず大きな機会損失にもつながるため、加工リスクにより大きめの材料を買ったり、予備材を用意する場合があります。

特に上記の図のように、同じチャージ番号の使用が必須の場合、歩留まりによっては、大きな予備の材料を用意する必要があり、材料費にも相応の影響が出る場合があります。

ミルシートが不要な材料の場合、在庫の材料から近いサイズを代用して削り出したり、端材から取ることで機会損失を圧縮することができますが、特定のミルシートを要求されている場合は、それができません。その分のリスクを見込む必要が発生する場合があります。

参考

おすすめの記事