なるべく市販品を使用したり、規格に沿った内容で材料や資材の選定をされると材料費の削減に繋がります。

また、一口に真空チャンバーといっても、材質や大きさ、必要となる精度、表面性状、加工に必要になる工具や加工機械など、仕様に関する要素は多岐にわたります。

合理的な製作方法で製作可能にすれば加工費は下がりますが、実際にどのような製作方法が合理的かは、専門の加工メーカーでないとわかりづらいのが現状です。

価格決定要因には上記のように大変多くの項目がありますので、設計段階で専門のメーカーに相談することにより、製作時のイニシャルコストだけでなく、ランニングコストや使用時の効率化等も含めて合理的に検討することが可能です。

早い段階で真空チャンバー専門のメーカーに、一度ご相談されることをおすすめします。

参考

おすすめの記事