可能です。詳細はご相談ください。

仕様によっては、銅と銅の接合部分を溶接で対応できる場合があり、溶接とろう付けの組み合わせ加工も可能ですので、ご提案致します。

参考

おすすめの記事