旋盤などで、しっかりとワークを掴むために必要となる余長のことです。
場合によっては、ワークの材料自体よりも掴み代の方が長くなることもあります。

このページに関連するご相談はこちらから。(ページタイトルが自動で送信されます)

    おすすめの記事