必要な加工を行うために、許容できる部分に直接図面と関係のない加工を入れることです。必要な寸法を満たすために、精度の不要な部分の寸法の誤差をあえて大きくする場合にも使います。

おすすめの記事