主に嵌め合いになる場合などに、穴と軸が同じ寸法になっていることです。「ゼロゼロになって入らん」のように使います。もしくは、穴の公差域の下限と軸の公差域の上限が同じで、理論上入らない可能性がある場合にも使います。

おすすめの記事