原則としては、製作図があったほうが円滑ですが、なくても現物や写真やスケッチ等で要望をお伝え頂ければ可能です。場合によって製図にかかる費用を頂戴する場合があります。

おすすめの記事